アライグマは今や害獣 | 害虫の駆除は専門家に|スペシャリストの技術

害虫の駆除は専門家に|スペシャリストの技術

Pesticides

アライグマは今や害獣

かつてのペットが野生化

killing insect

アライグマといえば愛嬌のある見た目としぐさで動物園などでも人気の動物ですが、最近では害獣の1つに数えられています。そもそも日本にはいなかったはずのアライグマがなぜ害獣なのかというと、かつてペットとして輸入されたものが脱走したり放棄されたりして、野生化してしまったからです。 その後、天敵がいないことや繁殖力が強いことなどから個体数が増加し、現在では全国各地に分布していると言われています。そして人間の暮らしにもさまざまな被害を及ぼすようになってきています。 そうなると当然ながら駆除が必要になってくるわけですが、ただアライグマは鳥獣保護法による保護の対象になっているため、勝手に捕獲することができません。駆除に際しては都道府県などの許可が必要になります。

民家への侵入が主な被害

では、アライグマによる被害が具体的にはどんなものかというと、一番深刻なのは家屋への侵入です。アライグマが民家の天井裏などに入り込んで巣を作るという事例は多数報告されています。そして天井裏を糞尿で汚して悪臭を発生させたり、夜中に大きな音を立てて歩き回ったりすると言われています。また、ダニやノミを家の中に持ち込んでしまうといった話も聞かれます。 先にも述べたとおりアライグマは法律によって保護されている動物ゆえ、計画的に駆除して個体数を一気に減らすといったことができません。そのため今後も被害は続くものと予測されます。個人でできる対策としては、家屋のすき間や穴をふさぐなどしてアライグマの侵入を未然に防ぐこと、そして実際に被害を受けた場合には専門業者に依頼して駆除してもらうこと、この2つとなります。